您的瀏覽器似乎不支援JavaScript語法,但沒關係,這裡的JavaScript語法並不會影響到內容的陳述, 如需要選擇字級大小,IE6請利用鍵盤按住ALT鍵+ V → X → (G)最大(L)較大(M)中(S)較小(A)小,來選擇適合您的文字大小, 而IE7或Firefox瀏覽器則可利用鍵盤 Ctrl + (+)放大(-)縮小來改變字型大小,如需要回到上一頁可使用瀏覽器提供的 Alt+左方向鍵(←) 快速鍵功能,列印可使用瀏覽器提供的(Ctrl+P)功能。

台湾グリーンバイオパークロケーション

標準工場

  • 工場用地

    台湾グリーン・バイオパークの開発面積は233ヘクタールありますが、そのうち貸し出し可能な面積は91ヘクタールあり、月々の使用料金は8.5元/㎡となっています。

  • 第一期 虎躍館

    虎躍館は、2007年5月1日の完成後、現在、入居上限の14のバイオ関連メーカーが入居中。

  • 第二期 龍騰樓

    アジア地区最大の農業科学技術工場

    龍騰楼は地下一階、地上四階のRC構造の貸し工場です。建地面積は40881 m2、床面積は41246m2で、56の企業が入居出来る設計となっています。各企業には173坪か345坪の十分な作業空間が割り当てられています。外壁は金属板、廊下は柔らかい感じを醸し出す木材で構成され、現在的な外観を醸し出しています。また、地上、地下合わせて353の駐車、貨物作業用の駐車スペースが用意されているほか、各棟には貨物用のプラットフォームや、貨物の操業に十分なスペースも確保されています。台湾グリーンバイオパーク(PABP)の主要道路は、高速道路三号線、長治インターチェンジに接続しているため、地理的にも、交通の便でも便利な環境となっています。

    龍騰楼は2010年6月1日の完成後2012年3月1日までに、16の入居上限中、13企業が入居中。

    龍騰楼各階賃貸料金表
    單位:元/每坪/每月
    地下原料常温保存庫
    一階
    二階
    三階
    四階
    170
    390
    300
    280
    260
    註:1. 上記の賃貸料には、公共建設費用および5%の営業税が含まれています。
    2. 一階の賃貸者は、増設を申請することができます。増設された部分の面積に対して別途賃貸料、管理費を徴収しません。
    3. 一~四階各階の賃貸料は公共設備を含んだ坪数で計算しなければなりません。地下については、公共設備を含まない、実際の坪数で計算するものとします。
    4. 第二期工場の地下には、110の駐車スペースが設けられており、そのうち64のスペースを工場入居者の専用駐車スペースとして、本管理処が配分します(大鵬号:2スペース、小鷹号:1スペース)。その他の46スペースについては、各入居企業が自由に利用できるものとします。
  • 第三期 動物ワクチン専用工場

    動物ワクチン専用工場は台湾グリーンバイオパーク(PABP)の北側に位置しています。2.48ヘクタールの土地に、2,200坪を超える広さの動物疫苗貸し工場が建てられています。工場建屋はカスタマイズ(customization) の概念に基づいています。企画・設計の段階から、国内外の動物ワクチン関連企業の需要と意見を参考にし、また「現行優良薬品製造規範」(current Good Manufacturing Practices,cGMP)に基づいた国際標準を採用することで、動物ワクチン産業に最適な現代的な工場を建ち上げました。現在この専門区の入居上限である2企業のうちの一つは、国内における臍帯血保存の最大手、生寶生技公司(生寶臍帶血銀行)の子会社である瑞寶基因股份有限公司が入居しています。もう一つの空きについても国内外で有名な動物保健企業が入居を前向きに検討しているところです。

  • 第四期 亜太水族運営センター

    「亜太水族運営センター」は研究開発物流区と製品販売運営区の2つのブロックを含む、総面積5.5ヘクタールの運営センターです。研究開発物流区は、税関および動植物検疫局の職員が駐在し、観賞魚や水産種苗製品の通関、検疫サービスを提供しています。また、よりよい研究開発環境を提供するため、国立屏東科技大学などの研究機関の研究員らが駐在し、第一線での需要に迅速に対応して検査や技術上のサポートを行なっています。これら通関、検疫から開発まで幅広く全般的なサポートは、産業核心の競争力の向上を支えています。

    製品販売運営区は、公共設備を備えた1.5ヘクタールの土地を工場建設用に貸し出すほか、入居企業の設備投資負担軽減のため、12の水族専用工場を設置しています。これら工場はそれぞれ230坪の建築物と、250坪土地、事務所、倉庫、検疫、生活空間などのほか、淡水・海水の供排水、酸素吸入設備など、水族館連の運営に必要な施設をすべて備えています。その他、一部の工場設備は、80坪の敷地内に基本運営機能をまとめ、入居業者の要求に応じた応用性のある設計を採用しています。国内外の企業は、ここに水族輸出と研究開発の拠点を設置することで、多様化された水族製品の販売ルートを確率出来るだけでなく、周辺の衛星養殖場のチェーンサプライを利用することで、台湾の優れた観賞魚および水産種苗製品を、効率良く世界に送り出すことができます。

  • 実験農場

    台湾グリーンバイオパーク(PABP)では、一ブロック960平方メートル、計16ブロック、総面積1.9ヘクタールの実験農場を設置し、新種の研究開発のために、入居事業主への賃借を行っています。

TOP