您的瀏覽器似乎不支援JavaScript語法,但沒關係,這裡的JavaScript語法並不會影響到內容的陳述, 如需要選擇字級大小,IE6請利用鍵盤按住ALT鍵+ V → X → (G)最大(L)較大(M)中(S)較小(A)小,來選擇適合您的文字大小, 而IE7或Firefox瀏覽器則可利用鍵盤 Ctrl + (+)放大(-)縮小來改變字型大小,如需要回到上一頁可使用瀏覽器提供的 Alt+左方向鍵(←) 快速鍵功能,列印可使用瀏覽器提供的(Ctrl+P)功能。

台湾グリーンバイオパークロケーション

各種費用

  • 汚水処理設施および下水道システム使用費用基準表

    修正規定
    現行規定
    課金項目
    料金単位
    料金(台湾元)
    水量
    立方メートル
    八.六○元
    COD
    キログラム
    二十六.七○元
    SS
    キログラム
    三十八.四○元
    単一費用率
    立方メートル
    十八元
    課金項目
    料金単位
    料金(台湾元)
    水量
    立方メートル
    八.六○元
    COD
    キログラム
    二十六.七○元
    SS
    キログラム
    三十八.四○元
    単一費用率
    立方メートル
    十八元

    壹、汚水下水道の汚水量の計算は以下の計算方式にて行う。台灣グリーンバイオパークの提供する水源を使い、かつ排水口に台灣グリーンバイオパークの水量計を設置している場合は、実際の使用量に基づいて計算する。それ以外の場合は使用量の80%を排水量とする。

    貳、汚水下水道使用費のクラス管理についての計算方法:

    一、事業使用者の使用量=A(Q)+B(COD)+C(SS)

    (一)A(Q)とは水量(Q)×単価で求められる。

    (二)B(COD)とは化学需酸素量(COD)水質×水量(Q)×単価×クラス別費用率で求められる。クラス別費用率は以下のとおり:

    壹、汚水下水道の汚水量の計算は以下の計算方式にて行う。台灣グリーンバイオパークの提供する水源を使い、かつ排水口に台灣グリーンバイオパークの水量計を設置している場合は、実際の使用量に基づいて計算する。それ以外の場合は使用量の80%を排水量とする。

    貳、汚水下水道使用費のクラス管理についての計算方法:

    一、事業使用者の使用量=A(Q)+B(COD)+C(SS)

    (一)A(Q)とは水量(Q)×単価で求められる。

    (二)B(COD)とは化学需酸素量(COD)水質×水量(Q)×単価×クラス別費用率で求められる。クラス別費用率は以下のとおり:

    クラス
    水質(㎎/リットル)
    クラス別費用率
    小(等)於二五○
    ○.九○
    小(等)於五○○大於二五○
    一.○○
    小(等)於六○○大於五○○
    一.一六
    小(等)於七○○大於六○○
    一.三三
    小(等)於八○○大於七○○
    一.五三
    小(等)於九○○大於八○○
    一.七六
    小(等)於一、○○○大於九○○
    二.○○
    大於一、○○○
    二.○○
    分級
    水質(毫克/每公升)
    分級費率
    小(等)於二五○
    ○.九○
    小(等)於五○○大於二五○
    一.○○
    小(等)於六○○大於五○○
    一.一六
    小(等)於七○○大於六○○
    一.三三
    小(等)於八○○大於七○○
    一.五三
    小(等)於九○○大於八○○
    一.七六
    小(等)於一、○○○大於九○○
    二.○○
    大於一、○○○
    二.○○

    (三)C(SS)とは浮游固体(SS)水質×水量(Q)×単価×クラス別費用率で求められる。クラス別費用率は以下のとおり:

    (三)C(SS)とは浮游固体(SS)水質×水量(Q)×単価×クラス別費用率で求められる。クラス別費用率は以下のとおり:

    クラス
    水質(㎎/リットル)
    クラス別費用率
    小(等)於一五○
    ○.九○
    小(等)於三○○大於一五○
    一.○○
    小(等)於三六○大於三○○
    一.一六
    小(等)於四二○大於三六○
    一.三三
    小(等)於四八○大於四二○
    一.五三
    小(等)於五四○大於四八○
    一.七六
    小(等)於六○○大於五四○
    二.○○
    大於六○○
    二.○○
    クラス
    水質(㎎/リットル)
    クラス別費用率
    小(等)於一五○
    ○.九○
    小(等)於三○○大於一五○
    一.○○
    小(等)於三六○大於三○○
    一.一六
    小(等)於四二○大於三六○
    一.三三
    小(等)於四八○大於四二○
    一.五三
    小(等)於五四○大於四八○
    一.七六
    小(等)於六○○大於五四○
    二.○○
    大於六○○
    二.○○

    一、前述の化学需酸素量、浮游固体などの数値は、管理局が毎月不定期に一度、水質検査を行った結果を使用し、費用徴収時に当該期における数値の平均値を使用して費用を計算する

    二、一般使用者の使用量= D(Q)とは、水量(Q)×単一費用率で求められる。

    一、前述の化学需酸素量、浮游固体などの数値は、管理局が毎月不定期に一度、水質検査を行った結果を使用し、費用徴収時に当該期における数値の平均値を使用して費用を計算する

    二、一般使用者の使用量= D(Q)とは、水量(Q)×単一費用率で求められる。

TOP